おうちカフェでリラックスへようこそ!

ネスカフェドルチェグストQRコード読み取れない?エラーになってしまう時の対処法を解説!

ネスカフェドルチェグストは、機種によってスマホのネスカフェアプリと連動させて使うことができます。

ネスカフェアプリと連動すると、コーヒーを淹れたり、カプセルのQRコードを読み取ってポイントを貯められます。

この記事でわかること

  1. 読み取りエラーの原因と対処法。
  2. 読み取りエラーのポイント補填方法。

ただ、ネスカフェアプリでQRコードを読み取りしたらエラーになってしまうことがあります。

すでにポイントが加算されていることもあるので、まずは「ポイント取得・利用履歴」を確認してみるのがいいですね。

リラたん
どうしてもQRコード読み取りエラーが解消されなければ、ポイント補填してくれるので心配する必要はありません。

なので、QRコード読み取りエラーになってもネスカフェアプリを削除せず、エラーの原因による対処法を試してみましょう。

ネスレ ドルチェ グスト

ネスカフェドルチェグストのQRコード読み取り場所を確認

ネスカフェドルチェグストの箱には、外側にバーコードが印字されていて、フタの内側部分にQRコードが印字されています。

「QRコード」と「バーコード」って間違えやすいので、ドルチェグストカプセルのQRコードを読み取る場所をもう1度確認しておきましょう。

右上のようなもの形をしたものが「QRコード」で、他の3つはすべてバーコードです。

ネスカフェアプリQRコード読み取り画面
ネスカフェアプリQRコード読み取り画面

上の画像は、実際にネスカフェアプリで、スタバ(スターバックス)抹茶ラテの内側に記載されているQRコードを読み取りしているものです。

リラたん
上の写真はサンプルなのでQRコードを消してあります。

ネスカフェアプリでQRコードを読み取る部分に間違いがないか確認しておきましょう。

ネスカフェドルチェグストQRコード読み取りエラー原因と対処法

ネスカフェドルチェグストのQRコード読み取りエラーになる原因と対処法について解説していきましょう。

QRコード読み取りエラーの原因

まずは、ネスカフェアプリでQRコードを読み取った時に表示されるエラーメッセージを確認していきます。

エラーメッセージが表示されない

QRコードを読み取り枠の中に入れているにも関わらず、読み取りがされずエラーメッセージも表示されないこともあります。

例えば、ネスカフェアプリでQRコードを読み取る場所を間違えて、バーコードをスキャンしている場合です。

また、ネスカフェアプリがQRコードの読み取りに成功すると、ポイントを加算する処理を行いますが、そのタイミングで何かしらエラーになっている可能性が考えられます。

ネスカフェアプリを起動しなおしたり、スマートフォンを再起動するなどしてからもう1度試してみましょう。

QRコード無効・使用済み

ドルチェグストのQRコードが「無効」または「使用済み」というようなメッセージが表示されることがあります。

すでに使用されているQRコードを読み取っている可能性があるので、ポイントが加算されていないか確認してみましょう。

QRコード対象外・通信エラー

ドルチェグストのQRコードを読み取ったら「対象外」または「通信エラー」というメッセージが表示されることがあります。

ネスカフェアプリが不具合を起こしている可能性があるので、ネスカフェアプリの下にあるメニューから「マシン切替」を選んでドルチェグストに切り替えてます。

リラたん
マシン切替操作を行うとエラーがなくなることがあるようです。

マシン切替を行うことで、ネスカフェアプリの不具合が改善されることもあるので、ドルチェグストに切り替えてからもう1度QRコードをスキャンしてみましょう。

QRコード読み取りエラーの対象商品

ドルチェグストのQRコード読み取りエラーが発生している主な対象商品がこちらです。

読み取りエラー対象品
  • スターバックス抹茶ラテ
  • スターバックスサクラストロベリー
  • リッチブレンドマグナムパック
  • モカブレンド
  • カフェオレ16P
  • アメリカーノリッチアロマ
  • スターバックスハウスブレンド

上記すべてのカプセルがエラーになるわけではありませんが、QRコードエラーが多い商品ということでネスカフェアプリで紹介されています。

リラたん
スターバックス抹茶ラテのQRコードを読み取ってみましたが、問題なくポイントが加算されています。

ネスカフェは、こちらの商品に対するQRコード読み取りエラーに関して、現在修正対応中となっていますから、しばらく待っていれば解消されるかもしれませんね。

QRコード読み取りエラーの対処法

ドルチェグストのQRコード読み取りエラーによる対処法について解説していきます。

ポイント取得・利用履歴を確認する

ドルチェグストのQRコードを読み取った際「入力したコードは無効です」または「入力したコードは使用済みです」というメッセージが表示されたら、すでにポイント加算されている可能性があります。

ネスカフェポイントの履歴は、ネスカフェアプリの「ポイント取得・利用履歴」から確認ができます。

QRコードを読み取った日時とドルチェグストカプセルの種類が記載されているので、読み取りエラーとなったカプセルのポイントが加算されていないか確認してみましょう。

QRコードのシリアルコードを入力する

ドルチェグストのQRコードには、12桁のシリアルコードも一緒に印字されています。

ネスカフェアプリQRコード読み取り画面
ネスカフェアプリQRコード読み取り画面

ネスカフェアプリのQRコードを読み取る画面にある「シリアルコード入力」をタップすると、シリアルコードを入力できる画面に移動します。

リラたん
英数字入力なので、ゼロとオーなど間違えないように入力しましょう。
ネスカフェアプリシリアルコード入力画面
ネスカフェアプリシリアルコード入力画面

上記画面で「12桁のシリアルコード」を入力すれば、ポイントが取得できるかもしれないので、QRコードが読み取れない場合は試してみましょう。

QRコード読み取りを再試行する

ドルチェグストQRコード読み取り時に「入力されたコードは対象外です」または「通信エラーです」というメッセージが表示された場合、ネスカフェアプリが不具合を起こしている可能性があります。

ネスカフェアプリのマシン切替からドルチェグストを選びなおして、もう1度QRコードをスキャンしなおしてみましょう。

引用元:ネスカフェ公式サイト

上記画像は、ネスカフェ公式サイトでマシン切替のやり方を解説しているものです。

同じようにネスカフェアプリを操作してみると、QRコードが読み取れるようになるかもしれないので、試してみるのがおすすめですね。

ネスカフェドルチェグストQRコード読み取りエラー解決できない

ネスカフェドルチェグストのQRコード読み取りで、どうしても読み取りエラーになってしまう場合の対処法について解説していきましょう。

QRコード読み取り不具合復旧を待つ

ドルチェグストのQRコード読み取りエラーが解消されない場合、ネスカフェアプリの不具合が復旧するのを待つのもひとつの方法です。

ネスカフェアプリ上でも、この不具合に対する修正復旧作業を行なっていると記載があるので、すぐにポイント加算しなくても良いという方は、少し待ってみるといいんじゃないでしょうか。

もし、すぐにポイントを加算したい、という方は、ネスカフェ公式サイトから問い合わせて、QRコード読み取りエラーとなる対象商品のポイントを補填してもらうこともできます。

ネスカフェポイントを補填してもらう

どうしてもQRコードを読み取ってポイント取得ができない場合、お問い合わせすることで「ネスカフェ ポイント」の補填が可能です。​​

ポイント補填に必要なもの
  • 製品名
  • 内容量(カプセル個数)
  • 12桁のシリアルナンバー
  • ロット番号

お問い合わせ先は、こちらのお問い合わせページにある「ネスカフェアプリについて」を選択して、下にある「お問い合わせ内容入力フォーム」に進みます。

必要事項を入力してメールを送信すれば、後日ポイント補填による返信が来るので、しばらく待ちましょう。

ネスレ ドルチェ グスト

まとめ(ネスカフェドルチェグストQRコード読み取りエラー)

ネスカフェドルチェグストのQRコード読み取りエラーについて解説してきました。

ネスカフェアプリでドルチェグストの箱に記載があるQRコードを読み取ると、抽選に申し込んだり商品と交換することができるネスカフェポイントをもらうことができます。

ですが、ドルチェグストの一部商品に記載されてるQRコードを読み取ると、エラ〜メッセージが表示されてポイント取得できないことがあります。

すでにポイントが加算されていたり、ネスカフェアプリのマシン切替によってエラーが解消されることもありますが、どうしても読み取れないケースがあるようです。

ネスカフェアプリは、エラーに対する修理対応しているので、しばらく待っていれば解決できるはずです。

ですが、中には解決できないケースもあるかもしれませんし、すぐにポイント加算したいという方もいるでしょうから、ネスカフェ公式ページから問い合わせて補填してもらうのがおすすめです。