おうちカフェでリラックスへようこそ!

ネスカフェドルチェグストを湯垢洗浄する方法!コーヒーメーカー用洗浄剤使ってお手入れしてみた!

ネスカフェドルチェグストは、日頃のお手入れがとても簡単で使いやすく、とても人気のあるコーヒーメーカーです。

ただ、ドルチェグストも長く使い続けると、本体内部に汚れが蓄積してくるので、日頃のお手入れとは別に「湯垢洗浄」が必要になります。

この記事でわかること

  • 湯垢洗浄は約6ヶ月に1回
  • 湯垢洗浄に使える洗浄剤の種類。
  • 湯垢洗浄する際の注意点。
  • 湯垢洗浄を実際に行う方法。

ずっと湯垢洗浄しないと、抽出されてくるコーヒーの流れが悪くなったり、いつもより温度が低い状態で抽出されるといった現象が起きる可能性があります。

湯垢洗浄のやり方は、ドルチェグストの給水タンクに湯垢洗浄液を入れて抽出してあげるだけなので、やり方としては全然難しくありません。

リラたん
湯垢洗浄自体は約15分ですし、準備や片付けをしても全部で約20〜30分で終わります!

なので、ドルチェグストを使って約6ヶ月が経過した頃には、湯垢洗浄してしっかりとお手入れしてあげましょう。

実際に、ネスカフェ湯垢洗浄剤を使って、ドルチェグストを湯垢洗浄した様子を解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

ネスレ ドルチェ グスト

ネスカフェドルチェグストを湯垢洗浄するタイミング

ネスカフェドルチェグストを湯垢洗浄する時期やタイミングについて解説していきましょう。

ドルチェグストの湯垢洗浄は、基本的に約6ヶ月おきの頻度で行うことが推奨されています。

ただ、日頃のドルチェグストを使う頻度や、硬水(カルシウムとマグネシウムを多く含む水)を使用する場合、湯垢洗浄するタイミングは違ってきます。

リラたん
具体的には、ドルチェグストで「約1,350杯分」抽出したら湯垢洗浄するのが良いとされています。

6ヶ月間、毎日約7〜8杯飲んだら1,350杯になりますので、ご家族でドルチェグストを使用される場合は、6ヶ月という期間ではなく抽出した杯数で湯垢洗浄をするのがおすすめです。

また、お使いの水道水が、カルシウムとマグネシウムを多く含む硬水の場合、6ヶ月後というタイミングではなく、抽出する時の流れがいつもより悪かったり、抽出した飲み物の温度が低い場合には、湯垢洗浄してあげましょう。

ネスカフェドルチェグストの湯垢洗浄に使う洗浄剤の種類

ネスカフェドルチェグストを湯垢洗浄するには、湯垢洗浄剤を用意する必要があります。

湯垢洗浄剤としては、

湯垢洗浄剤の種類
  • ネスカフェ湯垢洗浄剤
  • クエン酸(食品グレード)

のいずれかを使用するのがおすすめです。

ネスカフェ湯垢洗浄剤

ネスカフェ湯垢洗浄剤は、ドルチェグストだけでなくバリスタにも使える洗浄剤です。

ネスカフェ湯垢洗浄剤
ネスカフェ湯垢洗浄剤

ドルチェグストを湯垢するための専用洗浄剤ですから、他の洗浄剤を使うよりも安心ですね。

クエン酸(食品グレード)

ネスカフェ湯垢洗浄剤ではなく、市販されているクエン酸を使って湯垢洗浄することもできます。

クエン酸は、ネスカフェ湯垢洗浄剤と同じ「酸性」なので、キッチンなど水回りの掃除に使われることが多いんですよね。

ただ、注意してほしいのは、クエン酸にも色々と種類があるので、口に入っても大丈夫な「食品グレード」のものを用意しましょう。

クエン酸は、ネスカフェ湯垢洗浄剤よりも安く手に入るので、ドルチェグストの湯垢洗浄にあまり費用をかけたくない方におすすめですね。

ネスレ ドルチェ グスト

ネスカフェドルチェグストに使う湯垢洗浄剤の値段や内容量

ネスカフェドルチェグスト専用の湯垢洗浄際は、ひとつ1,980円(税込)と値段的にはちょっと高いと感じるかもしれません。

ただ、ネスカフェの湯垢洗浄剤は、ひと箱に2本の湯垢洗浄剤が入っています。

湯垢洗浄剤の中身
  • 湯垢洗浄剤125ml:2本
  • 取扱説明書

ネスカフェが推奨している約6ヶ月に1回の頻度で湯垢洗浄する場合、ひと箱あれば1年間分ということになるので、維持費としてはそんなに高くはないですよね。

もちろん、クエン酸を使えばもっと安く済ませることができますが、ドルチェグストをしっかり湯垢洗浄してあげるためにも、ネスカフェの湯垢洗浄剤を使うのがおすすめです。

ネスカフェドルチェグストを湯垢洗浄する際の注意点

ネスカフェドルチェグストを湯垢洗浄する際の注意点について解説していきましょう。

湯垢洗浄には約15分かかる

ドルチェグストを湯垢洗浄するには、約15分の時間がかかります。

湯垢洗浄のための準備や後片付けなど入れると、約20〜30分ほどかかるので、ある程度まとまった時間がある時に行うのが良いですね。

とはいえ、ドルチェグストの湯垢洗浄は、約6ヶ月に1回の頻度で行うだけなので、30分くらいかかったとしても大した手間にはならないでしょう。

湯垢洗浄剤は酸性タイプ(まぜるな危険)

ネスカフェ湯垢洗浄剤を使う場合、洗浄剤の入った箱や取扱説明書には「酸性タイプ、まぜるな危険」という記載があります。

湯垢洗浄剤は酸性タイプなので、塩素系の製品と混ぜると有害な塩素ガスが発生してしまうので危険です。

また、ご家庭に小さなお子さんがいる場合には、湯垢洗浄剤を手の届かないところで保管・管理しておきましょう。

ネスカフェドルチェグストを湯垢洗浄する方法

では、実際にネスカフェドルチェグストを湯垢洗浄する方法について、詳しく解説していきましょう。

ドルチェグスト湯垢洗浄する流れ

まず、ドルチェグストを湯垢洗浄する流れについて解説していきます。

ドルチェグスト湯垢洗浄の流れ
  • step1
    湯垢洗浄の準備

    ドルチェグストを湯垢洗浄するための準備をします。

    リラたん
    ドルチェグストの機種は「ジェニオS」を使います。
    湯垢洗浄の準備
    • 湯垢洗浄剤を作る。
    • カプセルホルダーにすすぎ用ツールをセットする。
    • 抽出口に大きめの容器をセットする。

    ※すすぎ用ツールをセットしないと、湯垢洗浄によるお湯が飛び跳ねる可能性があるので、忘れずにセットしましょう。

  • step2
    湯垢洗浄を開始する

    準備ができたら、早速、湯垢洗浄を開始していきましょう。

    湯垢洗浄の開始
    • 湯垢洗浄モードに設定してスタートします。
    • 抽出目盛りが4番目になるまで待ちます。
    • 抽出目盛りが7番目まで点灯し、ゆっくり1番下まで消えていきます。
    • 湯垢洗浄終了後、給水タンクを洗って飲用水を入れます。
    • 湯垢洗浄剤を流すため、本体内を飲用水ですすぎます。

    ドルチェグストを湯垢洗浄剤で洗浄し、その後飲用水でドルチェグスト本体内の湯垢洗浄剤をすすぐということです。

    リラたん
    給水タンクの水を2回循環させるということですね。
  • step3
    湯垢洗浄後のお手入れ
    湯垢洗浄が終わったら、抽出口にセットしてある容器の水を捨てて、カプセルホルダーのすすぎ用ツールを取り出します。

    最後に、ドルチェグスト本体を柔らかい布でキレイに拭いてあげれば、湯垢洗浄の作業が全て完了です。

実際に、ドルチェグストの湯垢洗浄をやってみましたが、順番どおりにやっていけばとても簡単です。

湯垢洗浄を始めてから終わるまでの時間は、準備や後片付けを入れても約20分くらいで終わりましたね。

ドルチェグスト湯垢洗浄の準備

では、実際に、ドルチェグストジェニオSを湯垢洗浄するための準備をしていきましょう。

湯垢洗浄液を作る

ネスカフェ湯垢洗浄剤は、そのまま使用するのではなく、飲用水に混ぜて使用します。

ネスカフェ湯垢洗浄剤と飲用水
ネスカフェ湯垢洗浄剤と飲用水

500ml(ミリリットル)の飲用水と湯垢洗浄剤1本(125ml)を用意します。

500ml飲用水に湯垢洗浄剤を入れる
500ml飲用水に湯垢洗浄剤を入れる

500mlの飲用水が入った容器に、湯垢洗浄剤1本125mlをゆっくりと入れていきます。

リラたん
湯垢洗浄剤が飛び跳ねて目に入ると危険なので、取り扱いには十分注意しましょう。
湯垢洗浄液を給水タンクに入れる
湯垢洗浄液を給水タンクに入れる

湯垢洗浄液を作り終わったら、容器に入っている湯垢洗浄液をドルチェグストの給水タンクに入れます。

すすぎ用ツールをセット

ドルチェグストすすぎ用ツール
ドルチェグストすすぎ用ツール

ドルチェグストジェニオSのカプセルホルダーには、すすぎ用ツールをセットします。

すすぎ用ツールをカプセルホルダーにセット
すすぎ用ツールをカプセルホルダーにセット

すすぎ用ツールをセットしないで湯垢洗浄すると、抽出される湯垢洗浄液が飛び散る可能性があるので、忘れずにセットしておきましょう。

抽出口に大きめ容器をセット

抽出口に大きめ容器をセット
抽出口に大きめ容器をセット

ドルチェグストジェニオSの抽出トレイを取り外して、大きめの容器(800ml以上)を置いておきます。

リラたん
うちには800ml以上入る容器がなかったので、約650mlくらいの容器を使いました。

800ml以上入る容器がない場合、湯垢洗浄を途中で止めて容器の水を捨てれば大丈夫です。

湯垢洗浄を途中で止めても、止めたところから再スタートできるので、特に影響はありません。

ドルチェグスト湯垢洗浄する方法

ドルチェグストジェニオS湯垢洗浄の準備ができたら、早速、湯垢洗浄をスタートしていきましょう。

湯垢洗浄モードに設定する

湯垢洗浄モードに設定する
湯垢洗浄モードに設定する

ドルチェグストジェニオSの湯垢洗浄ボタンを「3秒以上長押し」して、湯赤洗浄モードに切り替えます。

湯垢洗浄をスタートする

抽出ボタンで湯垢洗浄を開始
抽出ボタンで湯垢洗浄を開始

湯垢洗浄ボタンが点滅したら、緑色の抽出ボタンをタップして湯垢洗浄を開始します。

湯垢洗浄剤が抽出される
湯垢洗浄剤が抽出される

ドルチェグストジェニオSの抽出口から湯垢洗浄液が抽出されてきます。

容器によってはバランスが悪いとずれてしまうので、最初のうちは手で押さえておくと安心ですね。

抽出目盛り4つまで抽出される
抽出目盛り4つまで抽出される

ドルチェグストジェニオSの抽出目盛りが4つ目になると、湯垢洗浄の抽出が止まります。

その後、抽出目盛りが7つ目まで点灯します。

点灯した抽出目盛りは、ゆっくりと目盛り4つ目まで消えていきますが、お湯や水が抽出口から出てくることはありません。

リラたん
ドルチェグストジェニオS本体内の湯垢洗浄液が、隅々まで行き渡るのを待つ時間です。

目盛り4つ目まできて点滅したら、湯垢洗浄が終わったという合図です。

湯垢洗浄後のタンクと容器をすすぐ

給水タンクをよくすすぐ
給水タンクをよくすすぐ

湯垢洗浄に使った容器とドルチェグストジェニオSの給水タンクをよくすすぎましょう。

飲用水をセットして再度洗浄し完了

給水タンクMAXまで飲用水をセット
給水タンクMAXまで飲用水をセット

よくすすいだ給水タンクに飲用水をMAXラインまで入れます。

飲用水で本体内を循環させる
飲用水で本体内を循環させる

ドルチェグストジェニオS本体内には、湯垢洗浄液が残っている状態なので、飲用水で循環させてすすぎを行います。

再度、抽出口に空の容器をセットして、ドルチェグストジェニオSの抽出ボタンをタップします。

リラたん
抽出目盛り4つ目から1番下まできたら終了です。

すすぎが終わったら、ドルチェグストジェニオSのカプセルホルダーからすすぎ用ツールを取り出し、容器に入った水を捨てましょう。

ドルチェグスト湯垢洗浄完了後の作業

湯垢洗浄が終わったら、すすぎ用ツールや容器をよくすすいでおきましょう。

最後に、柔らかい布でドルチェグストジェニオS本体を拭いてあげれば、湯垢洗浄がすべて完了です!

ネスレ ドルチェ グスト

まとめ(ネスカフェドルチェグスト湯垢洗浄のやり方)

ネスカフェドルチェグストによる湯垢洗浄のやり方について解説してきました。

ドルチェグストの湯赤洗浄は、手順や流れさえ理解できていれば、とても簡単に行うことができます。

湯垢洗浄のやり方
  1. 湯垢洗浄剤で湯垢洗浄液を作る。
  2. 給水タンクに洗浄液を入れる。
  3. 湯垢洗浄を開始する。
  4. 給水タンクに飲用水を入れる。
  5. お湯を本体内をすすぐ。

というような流れで行います。

「給水タンクに湯垢洗浄液を入れて洗浄」して、終わったら「飲用水で本体内をすすぐ」というように2回繰り返すだけなので、湯垢洗浄は簡単にできます。

ドルチェグストの湯垢洗浄は、準備から後片付けを含めて約20〜30分くらいで終わりますし、約6ヶ月に1回の頻度で行うだけなので、手間に感じることもありません。

また、ドルチェグストは日頃のお手入れも簡単なので、リラックスできる快適なおうちカフェを始めてみましょう!