おうちカフェでリラックスへようこそ!

ネスカフェドルチェグストとバリスタWの違い!初期費用、ランニングコスト、機能など徹底比較!

ネスカフェのコーヒーマシンとして人気がある「バリスタW」と「ドルチェグスト」ですが、それぞれ「どういった違いがあるのか?」、「どっちが自分に向いてるのか?」迷ってしまう方も多いんじゃないでしょうか?

この記事でわかること

  • バリスタWはコスパ重視の人向け。
  • ドルチェグストは味わい重視の人向け。

バリスタWは、コーヒー1杯のコストが13円〜なので、毎月のランニングコストを安くおさえることができます。

一方、ドルチェグストはスターバックスカプセルなど種類が豊富ですが、コーヒー1杯あたり52円〜となっています。

ランニングコストとしては高いですが、その分ス色々な種類のカプセルを楽しんだり、な本格的なコーヒーを味わうことができます。

バリスタWとドルチェグストは、ネスレ通販サイトの定期便を利用すると、マシン本体が無料レンタルできるので、初期費用をかけずにコーヒーマシンのある生活を始めてみましょう!

 コスパ重視のバリスタW↓

 本格的な味わいのドルチェグスト↓

ネスカフェバリスタWとドルチェグストの特徴

ネスカフェバリスタwとドルチェグストの特徴について解説してきましょう。

バリスタwドルチェグスト
マシンの
特徴

手軽にコーヒーを
楽しめるコスパ重視

本格的なコーヒーを
楽しめる味わい重視
1杯あたり
のコスト
(最大割引適用時)
約13円52円
抽出方法カートリッジ式
(粉末タイプ)
カプセル式
使い勝手コーヒータンクに粉末を入れて
ワンタッチで抽出できる
抽出ごとにカプセル
の交換が必要

ネスカフェバリスタW(ダブリュー)は、1杯あたり約13円ということもあって、お手軽に日々のコーヒーを楽しみたい方に向いています。

一方、ドルチェグストは、割引適用時でも1杯約52円となっていますが、カフェのように本格的な味わいのコーヒーが楽しめるので、上級者向けのコーヒーメーカーとなっています。

バリスタWとドルチェグストの抽出方法

大きな特徴の違いとして「ネスカフェバリスタw」は、レギュラーソリュブルという粉末タイプのネスカフェゴールドブレンドを使用しているのに対して、「ドルチェグスト」は専用の個包のカプセルを利用して作る「カプセル式のコーヒーメーカー」という点です。

ネスカフェバリスタWは、粉末状のコーヒーにお湯を注いで抽出するタイプなので、インスタントコーヒーの味わいと同じ感じになります。

一方、ドルチェグストは、粉末タイプではあるものの真空状態でカプセルに封入されているため、コーヒーが空気に触れることなく酸化現象を抑えることができ、香り高い最高の状態で味わうことができるんです!

さらに、ドルチェグストには、味のバリエーションが20種類以上もあり、スターバックスシリーズのカプセルも販売されているので、自宅で毎日スターバックスの味を楽しむことができるのも特徴の1つですね。

バリスタWとドルチェグストの使い勝手

ネスカフェバリスタWは、粉末を本体のコーヒータンク内に入れて使用するので、手間なくボタン一つでコーヒーを楽しむことが出来るのはメリットですが、一度開けた粉末を使い切るまでは別の味を楽しむことが出来ません。

なので、その都度、違うコーヒーの味わいを楽しみたい方には、カプセル式のドルチェグストがオススメですね!

ネスカフェバリスタWは、コーヒー1杯当たりのコストが安く、粉末とお水をセットしておけば、後はスタートボタンを押すだけでコーヒーを抽出できるので、忙しく時間のない朝でも毎日気軽にコーヒーを楽しむことが出来るマシンです。

ネスレ通販 バリスタ アイ

ネスカフェバリスタwとドルチェグストの費用(ランニングコスト)

ネスカフェバリスタW(ダブリュー)とドルチェグストの費用(ランニングコスト)について解説していきましょう。

ここでは、バリスタWとドルチェグストの「マシン代(初期費用)」と「カートリッジ・カプセル代(ランニングコスト)」を比較してみました。

バリスタWとドルチェグストのマシン代

バリスタドルチェグスト
マシン
デザイン

バリスタW

ピッコロXS

ジェニオアイ

エスペルタ

ジェニオエス
マシン代
(税込)
8,778円5,980円14,800円19,800円21,780円

ネスカフェバリスタWは、ネスカフェのホームページで「8,778円(税込)」で販売されているので、比較的お求めしやすい価格になっています。

一方、ドルチェグストは種類が豊富で、ピッコロXSは安いですが機能的にやや劣ります。

また、ジェニオアイ、エスペルタ、ジェニオエスは機能・性能が充実していますが、価格が高く設定されています。

MEMO

バリスタWとドルチェグストは、それぞれ専用の定期便を利用すると、無料でマシンをレンタルすることができるんです!

リラたん
コーヒーカートリッジまたはカプセルを定期的に購入するだけで無料レンタルできるのはいいですよね。

最新モデル「バリスタW」と「ドルチェグストジェニオエス」が新品で無料レンタルできるので、購入する前にレンタルも検討するといいですね‼︎

コスパ重視のバリスタW↓

 本格的な味わいのドルチェグスト↓

バリスタWとドルチェグスト1杯あたりのコスト

バリスタWとドルチェグスト1杯あたりのコストを解説していきます。

バリスタW(ダブリュー)

カートリッジ価格
(税込)
1杯あたり
バリスタ専用
エクセル
通常867円
定期便670円
約17円〜
(通常)
約13円〜
(29%オフ)
バリスタ専用
ゴールドブレンド
(120g)
通常1,205円
定期便858円
約20円〜
(通常)
約14円〜
(29%オフ)

ネスカフェバリスタWは、コーヒー1杯あたり13円(29%オフ)で、割引適用がない場合でも1杯約17円から楽しむことができます。

バリスタWはコストパフォーマンスが最高に良いコーヒーマシンですね!

ドルチェグスト

カプセル価格
(税込)
1杯あたりあた
ドルチェグスト専用
リッチブレンド
通常980円
832円(15%OFF)
882円(10%OFF)
930円(5%OFF)
52円
(15%オフ)
ドルチェグスト専用
スターバックス
カフェラテ
通常1,274円
1,083円(15%OFF)
1,146円(10%OFF)
1,210円(5%OFF)
約90円
(15%オフ)

一方、ドルチェグストは、1番安いカプセルでもコーヒー1杯あたり52円となっているので、バリスタWのカートリッジと比較するとかなり高い印象ですね。

とはいえ、カプセルの種類が豊富なので、スターバックスコーヒーなど色々な味わいを楽しむことができますね!

マシン代とランニングコスト(年間)

バリスタWとドルチェグストのマシンを購入して、毎日1杯のコーヒーを飲んだ時の1年間コスト比較してみました。

※最大割引適用時

バリスタドルチェグスト
マシン
デザイン

バリスタW

ピッコロXS

ジェニオアイ

エスペルタ

ジェニオエス
マシン代
(税込)
8,778円5,980円14,800円19,800円21,780円
コーヒー代
(税込1年間)
4,745円18,980円
合計13,523円24,960円33,780円38,780円40,760円

表を見ても分かるように、ネスカフェバリスタWはコストパフォーマンスが優れていますよね。

毎日何杯もコーヒーを飲まれる方は、マシン代よりもランニングコストが気になるところなので、バリスタWの方が安心して使っていけるでしょう。

もし、コーヒーを飲む頻度が2日に1杯、あるいは3日に1杯程度であれば、スターバックスカプセルなど種類が豊富で味に定評のあるドルチェグストシリーズがおすすめですね!

初期費用がかからない無料レンタルがおすすめ

バリスタWとドルチェグストは、ネスレ通販サイトで専用の定期便を利用すると、新品で最新モデルのマシンを無料でレンタルすることができます。

バリスタWドルチェグスト
定期便
の条件
3回以上の継続3回以上の継続
定期便1回
の注文内容
1本以上の
エコ&システムパック購入
6箱以上
カプセル購入
無料レンタル
マシン
バリスタWジェニオエス

どちらも定期便を3回以上継続することが条件となっていますが、お届け頻度はバリスタW(2・3ヶ月)に1回、ドルチェグスト(3ヶ月)に1回なので、それぞれ継続しやすくなっています。

ただ、それぞれの定期便は、1回の注文数が違います。

バリスタWは定期便1回で1本のエコ&システムパックを購入すればいいのですが、ドルチェグストは最低6箱のカプセルを購入しなければいけません。

とにかく安く手軽にコーヒーを楽しみたいという方は、バリスタWを無料レンタルすることが1番お得ということですね!

ネスカフェバリスタwとドルチェグストの機能

無料レンタルできるネスカフェバリスタWとドルチェグストジェニオエスの機能を比較してみましょう。

バリスタWドルチェグスト
(ジェニオエス)
wi-fi
Bluetooth
マイペース
お届け便
ハンドドリップ
モード
予約抽出機能

バリスタWとドルチェグストジェニオエスは、どちらも最新モデルなので、機能・性能とも充実しています。

バリスタWの機能

ネスカフェバリスタWは、Bluetoothに加えて、Wifi対応の新機能が追加され「マイペースお届け便」が利用できるようになりました。

マイペースお届け便機能は、飲用状況からコーヒーの在庫を計測し、ご注文タイミングをお知らせすることで、買い置きをせず利用できる“お届け便設定ランプ”が搭載された新しいサービスです。

また、バリスタWには、抽出するコーヒーに合わせたボタンが用意されているので、ブラックコーヒー・カプチーノ・カフェラテそれぞれワンタッチで抽出できるのもいいですよね!

ネスレ通販 バリスタ アイ

ドルチェグストジェニオエスの機能

ドルチェグストジェニオエスは、より本格的なコーヒーを味わうことができる「ハンドドリップモード」が搭載されました。

ハンドドリップモードは、3〜5分ほどじっくりとコーヒーを抽出することで、手動でコーヒを淹れているかのような深い味わいを楽しむことができます。

また、予約抽出機能を使うと、指定した時間に自動でドルチェグストジェニオエスが抽出を始めてくれるので、朝起きてすぐ淹れたてのコーヒーを味わうこともできます!

本格的な味わいや機能面を重視するのであれば、ドルチェグストジェニオエスがおすすめですね‼︎

ネスレ ドルチェ グスト

ネスカフェバリスタwとドルチェグストのお手入れ方法

ネスカフェバリスタWは、

バリスタW
  • 攪拌部(粉末をかき混ぜる部分)
  • ドリップトレイ・グリッド
  • 給水タンク
  • コーヒータンク

というように、洗浄が必要なパーツが多いので多少手間がかかります。

特に、コーヒータンクは汚れが固まりので、こまめに確認して拭き取るようにしましょう。

また、抽出部分となる攪拌部を取り出して洗浄する必要があるため、毎日の作業となると結構手間に感じるかもしれませんね。

一方、ドルチェグストは、

ドルチェグスト
  • カプセルホルダー
  • 抽出部分
  • 抽出トレイ・グリッド
  • 給水タンク

バリスタWと同じように洗浄が必要なパーツが多いですが、コーヒータンクではなくカプセルホルダーなので、洗浄する手間がかかりません。

リラたん
ドルチェグストは、カプセルを入れずにお湯と水を出して内部を定期的に洗浄する必要があります。

日々のお手入れだけで考えると、ドルチェグストの方が簡単ですね。

まとめ(ネスカフェバリスタwとドルチェグストの違い)

ネスカフェバリスタWとドルチェグストの違いについて解説してきました。

バリスタWはカートリッジタイプで1杯13円〜コーヒーを楽しむことができます。

一方、ドルチェグストは1杯52円とコストとしては高いですが、スターバックスコーヒーなどカプセルの種類が豊富で、本格的な味わいを楽しむことができます。

なので、コスパ重視であれば「バリスタW」、本格的なコーヒーと色んな味わいを楽しみたければ「ドルチェグスト」がおすすめですね!

バリスタW、ドルチェグストどちらもネスレ通販サイトならマシン無料レンタルサービスがあるので、コーヒーマシンのある生活をスタートさせましょう‼︎

コスパ重視のバリスタW↓

 本格的な味わいのドルチェグスト↓